注目キーワード
  1. SNS
  2. 芸能
  3. 話題
  4. 動画
  5. ゲーム

歌い手まふまふとみけねこ(潤羽るしあ)は夫婦で離婚していたことが判明し炎上 誹謗中傷していた人がまさかの人物だった

人気の歌い手、まふまふとみけねこ(潤羽るしあ)が実は夫婦であったこと、その後離婚したことがが判明し、その事実が炎上の原因となっています。

まふまふは、2021年の『NHK紅白歌合戦』でお茶の間に衝撃を与えた歌い手です。
人気絶頂のなか、翌年、無期限活動休止を発表した彼は、インターネット上の誹謗中傷と向き合っていました。

この記事では、二人の結婚に至るまでの経緯、炎上の理由、そしてファンやネットユーザーの反応について詳しく見ていきましょう。

まふまふとみけねこ(潤羽るしあ)の結婚が判明

まふまふとみけねこは、日本の音楽シーンで高い人気を誇る歌い手です。

特に若い世代を中心に熱狂的なファンが多く、SNSを通じてその人気は日本国内に留まらず、海外にも広がっています。

二人の交際は、潤羽るしあのコラボ放送中にまふまふさんのディスコードが表示されたのが始まりで、元々るしあの中の人であるみけねこさんとまふまふさんの交際疑惑が噂されていました。

このことガチ恋勢が激怒して大炎上していた経緯があります。

しかし、最近になって二人が実は夫婦であることが明らかになりました。

このニュースは、まずSNS上で小さな噂として広がり始め、次第に大きな話題となっていきました。

炎上の背景

まふまふとみけねこの結婚が公になったことで、多くのファンからは祝福の声が上がる一方で、一部のファンからはショックや裏切り感を表す声も聞かれました。

特に、二人の関係をただの友人や仕事仲間と思っていたファンにとっては、このニュースは予想外のものでした。

また、二人がこれまで結婚について公に言及してこなかったことも、炎上に拍車をかける一因となりました。

ファンの中には、もっと早く正直に話してほしかったと感じる人もいるようです。

まふまふとみけねこがいつ結婚したのか、その正確な時期は公表されていません。

しかし、二人は音楽活動を通じて出会い、長い間親しい関係を築いてきたことはよく知られています。おそらく、その関係が深まる中で自然と結婚に至ったのでしょう。

離婚から裁判までの経緯

26日になってまふまふ本人がブログで『女性セブンに掲載されている記事に関しまして』と題してコメントを発表しています。

報道されている「結婚して離婚したこと。そのお相手へ訴訟を起こしていること。」についてお話をします。まず記事にある通り、私には元々婚姻関係にある方がいらっしゃいました。今まで公にお伝えできず、結果としてみなさんを騙す形となってしまい、本当にごめんなさい。2021年の夏前から交際をはじめ、その12月末に入籍をし、2022年7月に離婚をしました。〉

二人は2021年夏前から付き合って年末に入籍しましたが、なんと22年7月に離婚成立したようです。

みけねこさんが二股をしたりまふまふさんに匿名掲示板で誹謗中傷を書き込んだりしてたので、裁判をやっていました。

誹謗中傷はおさまるどころか次第にエスカレートし、耐えかねたまふまふは弁護士に相談していました。

離婚協議中、ネットで第3者から「まふまふはDVをしていた」「複数の女性と浮気をしていた」「みけねこの飼い猫をドアにぶつけて殺した」といった事実無根の誹謗中傷を書き込まれました。
まふまふさんがが、開示請求してみたらそのほとんどがみけねこだったようです。

この事実に、SNSではみけねこに対しての誹謗中傷が多くありました。