注目キーワード
  1. SNS
  2. 芸能
  3. 話題
  4. 動画
  5. ゲーム

JAL機炎上 ペットの預け入れはあった?事故の際にペットはどうなる?

2024年1月2日、羽田空港でのJAL機の炎上事故は、多くの人々に衝撃を与えました。

幸いにも乗客400名は全員無事でしたが、多くの人々が心配しているのは、ペット(特に犬や猫)の安全です。SNSでもペットの安全を心配する投稿が多くありました。

飛行機でペット預け入れのルール

飛行機事故の際、ペットはどのように扱われるのでしょうか?

一般的に、ペットは貨物として扱われ、乗客とは別の貨物室に置かれます。

これには、小型のペットを除く、犬や猫などが含まれます。

飛行機でのペットの預け入れの基本

  1. ペットの種類とサイズ: ほとんどの航空会社は、犬、猫、鳥、小動物などのペットの輸送を許可していますが、サイズや種類に制限があります。特に大きなペットや、特定の品種(例えば、短頭種)は、追加の制約を受けることがあります。
  2. 予約と手続き: ペットの預け入れは事前に航空会社に予約する必要があります。予約時には、ペットの種類、サイズ、重量などの詳細情報を提供する必要があります。
  3. 健康証明書: 多くの航空会社と国では、ペットを飛行機に乗せる前に健康証明書の提出を求めます。これは通常、出発の数日前に獣医師によって発行されます。
  4. 適切なキャリア: ペットは、航空会社の規定に合ったサイズとタイプのキャリアに入れられる必要があります。キャリアは通気性が良く、安全で、ペットが立ち上がったり、回転したり、横になったりできるほど十分な大きさでなければなりません。

貨物室での輸送

  1. 環境: 貨物室は通常、温度調節され、圧力が調整されていますが、ペットが乗客とは別の場所にいるため、ストレスを感じることがあります。
  2. 安全性: 貨物室でのペットの安全性は、航空会社の規定と飛行機の設備に大きく依存します。ペットの安全を確保するために、航空会社の評判やポリシーを事前に調べることが重要です。
  3. 料金: ペットの預け入れには追加料金がかかります。料金は航空会社や飛行距離、ペットのサイズによって異なります。

事故の際のペットの扱い

事故の際、ペットの扱いは航空会社のポリシーによって異なります。しかし、多くの場合、人命救助が最優先され、ペットの救出は保証されません。緊急脱出の際、乗客は個人の荷物を放棄し、すぐに脱出するよう指示されます。これには、ペットも含まれることがあります。

事故後の対応と補償

安全が確保された後、航空会社は残された荷物の回収と乗客への返却を試みます。多くの航空会社は、事故による荷物の損失に対して一定の補償を提供します。しかし、これは事故の状況によって異なります。

上記のルールがあるので、ペットを連れていかないという人も多いようです。

JALにペットはいたか?

今回の事故では、ペットが実際に搭乗していたかどうかの情報は錯綜していましたが、今回の飛行機には2件のペットの預かりがあったようです。

JALの広報部は、

「JAL516便では、2件のお預かりがございました。お預かりしたペットに関しましては、残念ながら救出ができませんでした。お悔やみを申し上げます。  ペットのお預かりに関しましては、お客さまの『ご家族』を大切にお預かりする、という認識のもとお預かりをさせていただいております。この度は、お客さまやご家族の皆さま、関係の皆さまには大変なご心配、ご迷惑をおかけしていますことを深くお詫び申し上げます」

と発信しています。

今回の事故をきっかけにペットの預け入れのルールを変えてほしいという声も多くありました。

航空会社のホームページにも緊急時のペットの扱いについて明記されていました。

まとめ

JAL飛行機の炎上事故は、ペットの安全性と航空旅行におけるペットの扱いについて、重要な議論を提起しました。

ペットオーナーとしては、旅行の際にペットの安全を最優先に考え、航空会社のペットに関するポリシーをよく理解し、適切な準備をすることが重要です。

また、航空会社には、ペットとそのオーナーにとってより良い環境を提供するための改善も必要になってくるでしょう。